Welcome to my blog

スポンサーサイト

K

K

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted byK

フェルセン伯~18世紀の肖像画を再考する

K

K

-


ムッシーニの油絵具を買った。
天然樹脂絵の具。

匂いがいい…という(?)噂もあり、
天然樹脂は元々テンペラ画描きさんが必要としてた絵具だから、
自分も買ってみた。

もう世界堂オンラインにも置いてないけど、
画材販売.jpという店で買える。仙台。

注文して翌日には来た。ありがたい。素晴らしいです!

あ、そんで絵具の匂いは良く分らないけど、とりあえず色が素晴らしい。
色っつってもグレートーンの中間色買ったので、派手な発色じゃないんだけど、
なんかこう、柔らかいっつーか、
昔の絵っぽいっつーか。

今まで使ってたのはマツダquick、アキーラなどのアルキド樹脂系で、
極端から極端に走るという気もするけれど、とても分かりやすいのだ。

アルキド樹脂は乾きが早いけど、現代的な色。アクリル系だなぁ。
天然樹脂は、乾かないかもだけど、色はいいなぁ。

人工調味料のスープじゃなくて、
天然だしでとってみた、みたいな。

そんな気持ちですねー。(; ・`д・´)
簡便万歳で行くか、手間暇かけて味わい深さをとるか…。

まぁね、趣味なんだよね。油絵って。
効率主義を振り払って、そう割り切れば手間暇かけてもいいかもな。
関連記事
最終更新日2018-04-04
Posted byK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。