Welcome to my blog

フェルセン伯~18世紀の肖像画について考える

K

K

-


えっと、フェルセン伯の伝記系を何冊か読んだので、
改めて肖像画を振り返ってみる。

面白いのは、肖像画はまず油絵があるんだけど、
左右反転画像がネットにはよく転がってるのね。


なんでかなーって思ってたんだけど、
あ、版画だからか!


写真やコピー印刷がないから、
油絵を一生懸命画家が描いたあと、複製画を作ろうと思ったら版画になるんだけど、
油絵を見たスケッチが版画だと反転するじゃない。


画家が手でコピーしていくわけだから、
やっぱ私情が入る。
生き生きとしたいい表情になる場合もあるし、逆もある。

フェルセン4

これが元絵。暗い影のある肖像画。
油彩ではないみたいだ?画家の名は併記されてない。

フェルセン3

それの版画ver。同じく画家の名は併記されてない。
ちょっと茶目っ気のある表情になってた。
遊び人風。いや、そっちの方が好き。


で、こいつが気に入ったので、そこからイメージ膨らまして私が描くという。
この、版画にした時点で、画家はモデルを見てないわけじゃないですか。
だから本当は誰を描いてるのか伝聞でしか知らないと思われる。

いつ描かれたかも分からない。よく肖像画が死んでから数十年~数百年後に描かれたヤツが
イメージに合うって出回ってたりするから、
アタシも自分のイメージに合うような顔を、好きなように描こうと思ったりしてwww。

文章にあるような肖像画にしたいなぁ。
肖像画捏造計画。(≧▽≦)
関連記事
最終更新日2018-04-04
Posted byK