くちなしの花(完成)

2017-0921ka.jpg 

相変わらず完成までが長~~~い。(*´Д`)
その日のうちに終わればいいのに。

花が枯れても葉っぱはあるから、チマチマやって見て思うことは、
たとえ時間がなくても、ラフは必要だなぁ、という。
いきなり本画だとなんかこう、頭が固い感じでいけない。

ラフスケッチ用にW&Nコットマン中目購入したんだし。
そういえばそう。
ラフとはいえ、マルマン図案やシリウスは色のにじみに不満があったから、
もうちょっといい紙って感じ。

でもいい紙だと完成させなくちゃ義務感が強くなって、
ラフじゃなくなっちゃう。
で、水彩でどんどん描き込んでいくと、発色に不満が出てくるという。

清書用は、ムーラン・ドゥ・ロワかWaterFord紙で。あるいは油。

油絵、もう当分やらない、と決めつけた瞬間から、
次はこういう絵にしよう計画が楽しい。変。




ここ何日か、絵も描かずに、せっせせっせと額装の為のマット切ってる。
せっかくマット切ったのに、
やっぱりこの作品は出さないとかで、6枚ぐらいボツった。

立ち&力仕事なので、手も足もプルプルしちゃうぜ。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する