着彩、水彩メディウムお試し。

2017-0826time2030.jpg大きな画像で見る

おぉ、全部常識的な色合いだと、ちと平凡か?

とりあえず屋根の青がキツイので、これから水で取りまくろう。
水彩のこの水で再溶解っていうのはいいな。
ムーラン・ドゥ・ロワ紙は取りやすい。




そうそう、一部メディウム使ってみた。


絵の具が粒状化するのを促す、グラニュレーションメディウムと、
ザラっとした抵抗感を出す、テクスチャーメディウム。

いずれも水彩用。

グラニュエ―ションは空に、テクスチャーは壁に使ってみたけど。
絵の具の定着がしっかりするかな。

以前、アクリル用メディウムを使ったら、
上に置いた水彩がハジキまくって困ったけど、
水彩メディウムなら、再溶解するからパレットでいろんな混色も容易だし、
色合いも水彩に合うし、まぁいいんじゃないかな。

お値段お高めだから、必須って感じじゃないけど、
ちょっと面白いかな?盛り上がるかな?くらいで。

【参考リンク】Winsor & Newton 水彩メディウム一覧(楽屋の画材一覧)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する