Archive

2017年12月 1/2

ムーラン・ドゥ・ロア紙。インク+水彩。人物背景としてのテストピース。そうだ、紙、また買ったんだよね。WaterFord紙のホワイトと190g。紙への興味は尽きない。...

  •  -
  •  -

帽子を脱ぐ

話の間を持たせられなくて帽子をクルクル回してみる。...

  •  -
  •  -

青ver2

WaterFord紙ナチュラル300g。グラニュエーション(粒状化)がちょっと面白いけど、塗りはホントに青だけになっちゃった。もうちょっと荒らさないと抽象画っぽくもならない。前回のと比べると、ムーラン・ドゥ・ロア紙はハジキ気味なんだってことがよく分かる。WaterFordは色が吸い付く感じね。背景テストということで。夜のイメージ。...

  •  -
  •  -

アントワネットちゃん&おニューの紙のテスト

有名人にトライしてみようと思って。ハプスブルク家の特徴がよく出た顔らしい。面長。おちょぼ口。ちょっと受け口。特別美人ってわけじゃないけど、宮廷で一番の王妃様だから、自信ありげで気品もある。コケティッシュ。思慮深い人ではない。飽きっぽい。感情が表に出やすく、貴族だけど冷たい感じじゃなくて、でも高慢で、人間っぽい魅力にあふれた人。(´・ω・`) …条件多すぎて、なんか物凄くムツカシイよ。紙はおNEW。WaterFoed...

  •  -
  •  -

マリー&ハンス

喫茶店で時間つぶしに。着色はボールペン。それしかなかったからwww。えっと、とりあえず描いてみたいから描いてるだけなんだけど、贋作似顔絵を描きたいわけじゃないみたいで、そっくりに描こうとすると、満足と同時に物凄く寂寥感があるのね。こうそっくりに…が、表面的なものであり、自分のモノじゃない、自分のモノじゃないそっくりな事に対する評価、への空しさなのかな。なので、顔、似てなくてもいいから省略してマンガ...

  •  -
  •  -

ナイフを引き抜く

...

  •  -
  •  -

マリー・アントワネット、ペンver

WaterFordホワイト、細目190g。鉛筆とペンのノリは良し!むしろ薄い方が描きやすくさえある。あとは水彩でどうなるか、かな。インクの色なんだけど、どうも茶は使いづらいみたい。慣れてないだけかもしれないけど、気分が乗らない。ハーフトーンなんか気にしてないで、ここは黒か!白か!でバシっと!!!(≧▽≦)...

  •  -
  •  -

馬を連れてくる

イラストは別ブログにアップすることが多いんだけど、馬を一生懸命描いたので、こっちにスケッチを出して見る。ついでに、演劇的なスケッチの完成イラストが見たいという奇特な方は、マリー・アントワネットの住むところ(絵本風)pixivへまとめたのでどうぞ。(;´Д`)pixivログインしろって言われるけど、会員にならなくても見られると思うよ。いやぁ、油絵好きにイラスト絵を見られると非常に恥ずかしいけど、個展でも出しちゃっ...

  •  -
  •  -

手綱、馬の背をポンポンと叩く

何も見ないで自由にラクガキして気に入ったポーズができたら…。手や体の動きは都度、鏡見てチェックする。行動が理に適っていて、かつ綺麗だな、と思うポーズを探す。この手は馬の背に手をかけてるヤツ用。相変わらず右手は左手で描いてる。...

  •  -
  •  -

馬に乗って歩く

これは写真見ながら描いた。望遠レンズ的。クールで対象が遠い感じ…。こっちはテキトーにサラサラっと描いたヤツ。クールじゃないけど、欲しいポーズはこんな感じ。鞍の下に布がある。それは鞍で擦れて、馬の背を傷つけないように配慮している。手の確認。手綱を引っ張ると前へ進め!の合図…だったっけかな??夏に乗馬をした。もちろん乗馬の絵を描く為にwww。でも一回だけなんでもう忘れた。机に紐をかけて、それを引っ張って...

  •  -
  •  -

マリーちゃん着彩(紙のテスト)

WaterFord紙、ホワイト、細目、300gの着彩テストとして。ペンと鉛筆は、中目より細目の方が描きやすい。ナチュラルよりホワイトの方が黄色は発色する。暗色な深みは出るかどうかは次回テスト。ムーラン・ドゥ・ロワ紙でもいけたから、アクリル併用すれば行けそう。そうそう、アクリル併用すると、少し紙への吸い込みが悪くなるというか、ハジキ気味になるんだけど、最近それがタッチを散らすのに有効だと思ってる。そんでWaterFor...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷

世界の古城という古い写真集(東西ドイツが分かれてるwww)を参考にしながら、貴族の家と庭、噴水、しかも夜…ってのを描きたい。ラフ描かないと本番用紙を目の前にしても、一筆も進まないので、まずはコピー用紙にラクガキ。フランスの屋敷だからフランスっぽさが欲しいんだけど、イギリス・ドイツ・イタリアは建築や城、一緒に見えて全然違うんだなぁ。特にドイツの城は、どいつもこいつも山ん中。写真集にあった、ドロットニ...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷、ver2

他の人に薦められてメゾン=ラフィット城やカルナヴァレ博物館を参照することに。インターネッツで探して見たら、画像いっぱい!!いろんな光、角度があるので分かりやすい!表玄関だけじゃなくて、裏面とか!写真集見るよりいいじゃん?写真って遠近感がペッタンコになるから、意外に距離感が掴みづらいんだよね。上から横から斜めから、細部アップ、上空からなど、いろいろあったから嬉しい。そんであまりの庭の広さにびっくり!...

  •  -
  •  -

ありがとう公民館教室!

10年近くやってきた公民館教室が終わりました。夜の部で大変だったけど、生徒さんはとっても面白い絵を描いてたので、いい刺激をたくさんいただきました!!いろいろありがとうです!縁が切れちゃうのは寂しいので、気が向いたらうちのアトリエに遊びに来てね♪最後は交代でクロッキー会と水彩スケッチ1時間、をしました。7分×4のクロッキー。わたしは実際は7枚くらい描いたから正味3分くらいかな。あげときます。...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷、ver2、仕上げ版、紙の印象

WaterFord紙、190g、ホワイト、細目、水張り。紙の印象をメモる。えっと、原画はもっと色が淡い。淡いのはいいんだけど、W&N紙と比べて、色が沈むのがWaterFordの特徴。それは細目でもホワイトでも変わらなかった。沈むからこそ、色を何回も塗り重ねられるという言い方もあるけれど、なんか慣れてる紙の方が調整しやすいな。(;´Д`)W&Nは重ね塗りすると剥けるから、アクリル下地にしても3回くらいで水彩決めなくちゃなら...

  •  -
  •  -