Archive

2016年02月 1/3

スケッチ

...

  •  -
  •  -

スケッチ

...

  •  -
  •  -

スケッチ

...

  •  -
  •  -

帽子をかぶったモデル(1)

P20。シリウス紙に有色ジェッソ。水彩スタート。途中からAqylaプラス。あれ、この方法が一番描きやすいや。悩むことなかった。形を消しながら力づくで進む。手前の腕が非常に変だ。難しいな。まずは大きさが出ればオッケーという事で。...

  •  -
  •  -

スケッチ

この日は人物モデルのポーズ決め×2だったので、クロッキーがたくさん。20枚くらい。...

  •  -
  •  -

アルルカン (1)

P20。こちらはWaterFord紙。ジェッソ地より吸い込みがキツイので、ちょっと戸惑うが、水彩使ってる時は良い。奇抜な衣装。衣装より、このモデルさんは、存在感があって凄く面白い。舞台や演劇やってる人かも、と想像。...

  •  -
  •  -

椿…ではなくて

隣のおじさんに貰った。椿…ではなくて、花の名前忘れてしまった。...

  •  -
  •  -

侘助 (1)

調べたら、侘助という椿の一種らしい。F4描きだし。このまま行こうと思ったけど、仕事で別な事してたら、ノリを失う。...

  •  -
  •  -

キンカン

こちらもご近所から頂いたもの。ありがたや。自分では育てられないけど、観葉植物より庭の木や外の草の方が好き。生命力がある気がする。...

  •  -
  •  -

帽子をかぶったモデル(2)

20号、合計5時間。時間的にはこんなもんなのかな。(;´Д`)...

  •  -
  •  -

アルルカン (2)

20号。計5時間。固有色と色彩を、前作より強くしてみた。量感は出たと思うけど。時々アクリルの限界(使いづらさ)を感じるな。次回はどうするか、検討中。5時間で仕上げるために、作品を小さくするか、大きさに慣れるために、仕上げにこだわらないか。...

  •  -
  •  -

キンカン(F4-01)

...

  •  -
  •  -

キンカン(F4-02)

...

  •  -
  •  -

...

  •  -
  •  -

キンカン(F4-04)

なんで油彩だとうまくいかないんだろう。全然進まないし、終わりが見えてこない。絶望しちゃうぜ。...

  •  -
  •  -