Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年10月  1/2

【F8】布と林檎(3)

Aqylaガッシュ。やりたい事はブレブレ。スカスカ冴え冴え華やかな色か。密度高いモノトーン描写か。体質的には後者。目指すのは前者??...

  •  closed
  •  closed

【P10】肖像画の模写(7)

Aqylaガッシュで続き。油彩足し。序盤で抵抗感が欲しい。ないと後半困る。でも、序盤はデッサンがあるので、消しちゃうとイメージつかめない気がする。などなど。ちなみに原画の作者は、クウィンテン・マセイス。クエンティン・マサイスという表記の時も。スペルはQuinten Massys。違う時もある。描かれている人は、ペーテル・ヒリス。聖人ではなくて、ただの市井の人。大きな絵の一部だとか、実は同じ絵が2枚あるとか、割と謎め...

  •  closed
  •  closed

【P10】肖像画の模写(8)

顔も思い切って塗り潰す。中間色に、明色と暗色を足す。油彩セオリーのはずだけど、言葉面だけでなんかよく分かってない。...

  •  closed
  •  closed

のり

Aqylaガッシュでスケッチ。白を避ける水彩スケッチよりも、白色を盛り上げて描く方が、油彩描きだしの練習になるかな、と思って。...

  •  closed
  •  closed

【B4】林檎と箱

Aqylaガッシュ。後で油彩。B4画用紙にジェッソ地。こういうモノトーン気味の絵って、どうなんでしょ。描くのは楽だし割と自然。。だけど見るのは?とりあえず自分では?...

  •  closed
  •  closed

鳥の人形

なんか泥饅頭みたいだな。背景が全部白系で、モチーフとの対比が強すぎるせいかも。泥饅頭って、昔アトリエの先輩がよく言ってたな。石膏の時だったか、粘土やってた時だったか。…懐かしい。...

  •  closed
  •  closed

カッター

Aqylaガッシュで下地をしっかり塗ると、とりあえず細部が描けないので泥饅頭。ならば細部が描けるよう、鉛筆+水彩。これが下地の上にくればいいんだろうな。...

  •  closed
  •  closed

朝日のある町

秋、家のまわりに朝は来るけど朝日が来ない、隣のマンションの向こうに朝日がある。絵具で続きを描いてみようと思ったけど、駅前で、なんとなく人が多すぎ。...

  •  closed
  •  closed

【F4】綿(8)

展示会に出そうと思って、瓶を真面目に描いてみる。DUOは見切る。べたべたが完全にサラッと乾いたのは1ヶ月後。DUO専用速乾剤も試してみたけど、Aqylaガッシュの方がいいや。で、Aqlyaガッシュで描写、油彩グレーズコンボ。光の角度によっては艶がマチマチ、ボロボロに見えるけど、この写真はいい感じ。...

  •  closed
  •  closed

【F4】綿(9)完成

油彩額に入れ、ガラスを外し、額装したまま黒箇所のテカり消しも兼ねて、Aqylaガッシュで背景描写。いい感じなんじゃないかな。週末の展示会に出す予定。...

  •  closed
  •  closed

【P10】肖像画の模写(9)(10)

顔をピシッと描いて、また潰す。全体的に仕上げる方法に慣れた自分に、部分的に仕上げて帳尻合わす(のではないかと思われる)ルネッサンス期の模写をするのは難しい。できると思ったんだけどな。(;´Д`) でも、踏ん切りはついたよ。...

  •  closed
  •  closed

高根台公民館祭り(2015/10/17~18)

4号綿を出品しました。...

  •  closed
  •  closed

朝のスケッチ

久しぶりに早朝起きれたので。6時ぐらい。いつもの公園、いつもの樹。水彩。...

  •  closed
  •  closed

昼のスケッチ

家族と公園でお昼を。その後おしゃべりしながら描いてみた。いつもとは違う公園。見るべきところはないけれど、一本だけ樹を見てたら、それなりにいい形。Aqylaガッシュとパレット、豚毛の筆など持って、油彩外スケッチ前哨戦。...

  •  closed
  •  closed

いも

色を付けてないからそこは変だけど、鉛筆デッサンのように白黒で形だけ。Aqylaガッシュ、赤青黄の三原色+白。スケッチブック。序盤の手順をおさらい。おつゆ描き、暗色モデリング。白色モデリング×2~3。暗色ラインで引き締め。1時間ぐらい。...

  •  closed
  •  closed