Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年04月  1/2

【30号】空(4)

地平線を大きく下げる。...

  •  closed
  •  closed

屋上庭園

ランチタイム。10分くらい。...

  •  closed
  •  closed

人物スケッチ

WaterFord紙に描いているんだけれど、これ意味あるかな?WaterFord紙は塗ったりとったりの色合いが気に入っている。軽いスケッチだと、高価な分、手が緊張しちゃうな。(;´Д`)出来が良ければ保存したい、その時は良い紙だと嬉しい、逆ならポイポイ捨てたい。身軽。気軽。自由。完成度、ケチな気持ちとの戦い。...

  •  closed
  •  closed

F8、油彩模写

ボッティチェリとルネサンス展(文化村)が非常に面白かった。理由はいろいろあると思うけれど、この時代の板絵油彩・テンペラ・フレスコ画が、好きなんだな私。それで、画集を買って、実物大模写を10枚くらい描こうと思う。ボッティチェッリの天使は美しいけど、実は2m越えてるので後回し。F8ぐらいの手ごろなところから。これは大理石のレリーフ。少女。実物大に拡大し、白黒コピーして、トレース。その後は特に見ないで勝手に...

  •  closed
  •  closed

ホームで

六本木の新国立美術館へ。(水彩連盟展、示現会、創元会、ルーブル美術館展)+銀座 (友人のグループ展)。帰りのホーム。手帳に。...

  •  closed
  •  closed

レリーフ(2) レリーフか、丸彫りか

最初の模写にレリーフを選んだのは、固有色がないから。形だけ。分かりやすいと思った。でも、元が大理石レリーフなので、陰影が独特。ちょっとこれは実物ないと無理。さっさと無視して想像で描く。丸彫り。色は三原色+白。美人。美人はいいね。(^◇^)...

  •  closed
  •  closed

ポッドと葉っぱ

油彩。DUOではなくて。2時間くらい。それくらいで一段落できれば、気持ちが楽だな。油彩スケッチ。またやろう、やりたい!という気持ちになる。完成度を求めるものと、スケッチと、分けていきたい。...

  •  closed
  •  closed

煙~コップ磨き

喫茶店の風景。雑誌を参考にイメージ。...

  •  closed
  •  closed

カウンター

A4、シリウス紙。バラ。カット。こういう紙があると、スイスイかける。遊べる。油彩キャンバスやWaterFord紙だけじゃダメだな。固い。...

  •  closed
  •  closed

ベッドの上

4枚のイメージスケッチのうち、一枚だけ女性。アトリエモデル描いて慣れてるから、戸惑うことはないが、新しくもない。柔らかさ、色彩の華やかさを強調。そういう考え方が男性っぽいな、と思った。ふと。...

  •  closed
  •  closed

【F4】完成

F4ver.完成。F30ver.との違いは、空を赤く。左下のオレンジはキツイかもしれない。草原は線描した後、しばらく日を置いてから消した。...

  •  closed
  •  closed

【30号】空(5)

地平線付近を消すという事は、淡いグレートーンになるという事。上の方が鮮やかすぎるので、グレートーンを増やせば馴染む。その分量は図り中。...

  •  closed
  •  closed

空と樹

初心に帰って。鉛筆→アクリル樹→水彩空。続きはまた。外に出てよく見ると、逆光で黒っぽく見えても黒ではないんだよなぁ。...

  •  closed
  •  closed

門番

雑誌見ながらお気軽スケッチ。ミラノの門番彫刻。深く悩める像…と思ったらそうではなくて、阿吽の像的なものらしい。威嚇。...

  •  closed
  •  closed

レリーフ(3)迷い

使う色は3色、イエローオーカー、クリムゾン、青 +白。でも、この段階で白が入るとなんかやりづらいな。やたらともったりしているし、明暗似すぎ。...

  •  closed
  •  closed