Archive

2014年07月 1/3

【F10】ベランダの女性 描きだし

10号の方はキャンバス、ジェッソ地×8。地が柔らかくていい感じ。でも水彩での塗り重ねは簡単に落ちちゃうので、アクリルで。というか、アクリルジェッソ(カラー)を薄塗りで。アクリルのように濃度が薄すぎないし、ちょうどいいかも。...

  •  -
  •  -

【A2】バラと少年

水彩オンリーだと、その繊細さに緊張してしまう。アクリルのきっぶの良さというか、乱暴さを加えると丁度いいかな。水彩がいくら消せるといっても、度が過ぎて紙が剥ける。ポロポロ困るので、絵の上からジェッソを薄塗りしてみた。アクリルも塗りやすいし、あわよくば油彩も塗れると。この消しはいいんじゃないかな。白っぽい感じもうまく決まるし、いろいろと使えそう。...

  •  -
  •  -

【A1】家族の思い出(2)

水彩であたりをとった後に、人物を鉛筆で描く…と思ったけれど、とにかく手が動かないで止まる。鉛筆だと細かすぎる、アクリルだと消せない、水彩だと柔らかすぎて重ねた時に消える。水彩→メインラインをアクリル黒、で行くことにする。樹は少し小さくした。...

  •  -
  •  -

公園で(SM)

WaterFord紙、SM(サムホール)サイズ。...

  •  -
  •  -

バラ(一輪)

水彩・油性色鉛筆、ハガキ大、5月の個展出品作品。写真を撮ってなかったので。...

  •  -
  •  -

【A1】家族の思い出(3)

ワトソン紙は本当に、水でよく消せる。WatrerFord紙との違いはこの辺。樹を消してみた。...

  •  -
  •  -

肩車

WaterFord紙、水彩、ハガキ大。...

  •  -
  •  -

【A1】家族の思い出(4)

樹を入れてみた。...

  •  -
  •  -

【A1】家族の思い出(5)

あとが続かない。ワトソン紙のノリがよく分からない。水で簡単に落ちないようアクリル追加、でも水彩とアクリルって相性悪い気がしてきた。アクリルが、透明水彩を活かすのではなくて殺す感じ。なんかやりづらいので油彩にチェンジしようと思って、上からジェッソをかける。なんか締切近いんだけれど、これは没だね。(やや自虐モード)...

  •  -
  •  -

木場公園

B2サイズ。さすがに大きさには慣れた。けどやっぱりノリがいつもと違うのが嫌みたい。水で剥げないようにアクリルを足す。Water Ford、やっぱりこの紙がいい。ハガキ大100枚描いた時のあのノリ。店にはないので通販で注文した。10枚で8000円くらい。高価だから躊躇してたけど、それだけの価値があるよ、もう。(;´Д`)...

  •  -
  •  -

油彩をのせる

これは最初から紙に下塗りジェッソ地だったので、油彩を乗せる。旧作を見ていたら、水彩の繊細さに、油彩の構築性、艶をプラスしたものが私の混合技法だという気がしてきた。どちらが欠けてもピンと来ない。...

  •  -
  •  -

【F10】ベランダで(2)

形を直す。...

  •  -
  •  -

【F10】ベランダの女性(3)

構図の決定。ひねりを強調、髪はショートに。...

  •  -
  •  -

少しずつ進む

背景と花を少し。人物は黒すぎるので少し消す。...

  •  -
  •  -

家族の思い出→赤い空、F20で描き直す

描きたいことを絞ると、赤い空が描きたい。人はもっと小さく描いてみよう。F20キャンバスに描き直す。家族の思い出のお義母さんと、以前描いた男の子のスケッチを元に。ペン。...

  •  -
  •  -