Archive

2013年12月 1/3

湯飲み

食卓でテレビを見ながら。番組はターナー。...

  •  -
  •  -

【wsm04】埴輪の馬

下描き線なし、絵の具でいきなり描くと、にじんでもや~っとして、今、それが面白い。このあとどうするか?ここで終わりにするのか、細部を詰めていくのか。いつも迷っていたけれど、この絵は比較のために残し、もう一枚、細部と完成とをあげたものを描くのが最良なのかも。...

  •  -
  •  -

城(Aqyla ver.)

この城も何回も描いたから、随分手慣れてきた。見なくても描けるよね。グラデーションをあまりきつくないように入れる。緑はもうちょっと淡くてもいいかも。油彩閉じ予定。でもその前にできることはAqylaでやる。...

  •  -
  •  -

【SM-5】(2)セルリアンとコバルトブルー、ホンモノ

何カ月ぶりにSM連作の続きを。これは一度水彩で描いているので、ゴールが分かる。◆水彩ver. 山と樹と空(wp46)...

  •  -
  •  -

【SM-4】(2)続き

【SM-5】のついでに。油彩を塗りたくって、ナイフで均す。赤があるので、色の選択が【SM-5】と違う。この絵の水彩verは作ってないので、ここで配色を考えなくてはならない。そう考えると自由度高すぎて困ってる。小品でもエスキースは必要だ。エスキースは使い慣れた画材で手軽にできると、感動がレアでいいみたい。...

  •  -
  •  -

(12)全体を… .

全体の色調はこんな感じで。前回より白っぽく明るくなった感じ。これから細部。人物も樹も全然描いてなかった。苦労したけどまだ地塗りが終わったようなもんか。ははは。次回エスキース、もっと詰めよう。油彩はなんだかんだいって不慣れだな。思ったより進まないのは、手順の良し悪しではなくて、ゴールのイメージが漠然としてるから。...

  •  -
  •  -

パプリカ(3-完成)

油彩完成。背景も白+淡いオレンジで塗る。ツヤツヤして結構綺麗かな。...

  •  -
  •  -

城(水彩ver-2)上に油彩を

水彩の上に油彩層を作り、その上に油彩。当然下はジェッソ地。空はムラのないグラデーション。油彩の特徴なので今回はこれで。白が随分ピンク出てるのは、下地の影響かな。絵の大きさは14cm×20cm。大チューブと比べるとなんか凄く小さく見えるね。(^_^)油彩・混合技法の練習。同じものを何枚も描くのは、3枚目くらいは飽きるけど、その後は自分の身に染みいるような日常で面白い。...

  •  -
  •  -

【wsm05】水彩で何度も同じものを

見なくても描けるようになるまで何度でも。このスケッチ群が、油彩の時のゴールになるのだと思って。アルビレオ紙のSMブックを買ってみた。スケッチに悪くないけど、やっぱりがっつり描くならWaterFord紙かな。それを、再確認。...

  •  -
  •  -

日展とカイユボット展

・日展(乃木坂駅、新国立美術館、~8日)・カイユボット展(東京駅、ブリジストン美術館、~29日)・創元展千葉支部展(松戸駅、松戸市民ギャラリー、~8日)金曜日は以上の展覧会を見ました。いずれも面白かったです(^▽^)...

  •  -
  •  -

不忍池(部分)(wp48)

不忍池10号verのエスキース。部分の理解を深める。細かいミスは気にしない。色は黄色と紫。...

  •  -
  •  -

空と家(wp49)

鉛筆と水彩、WaterFord紙。空がいつもと違って面白かった。割り切り。中央の家のミスのせいで、空間はちょっとおかしい。次回は気を付けるけど、今回はま、いっか。ペンなしでもメリハリでるね。...

  •  -
  •  -

(11)最初のイメージに戻す

服も描けない、顔も描けない、何もかも描けないので、最初のイメージに戻すことにした。これが最初のイメージ。F4水彩+アクリル。太い輪郭線が全てをまとめてるような気がして、油彩verでも頑張って太い線を描いてみる。...

  •  -
  •  -

(12)全体を優先してみる

今まで机で描いていたけど、イーゼルに置いて立って描くことにした。部屋の一番端に置き、一筆かくごとに反対側まで下がる。イヤでも全体が見えてくる。違和感がある=調和しない時はたいてい、部分描写と全体のバランスが悪いからなんだろうな。顔の大きさを変更した。顔や服の細かい描写はまだ早い。まずは全体。そして服は固有色をペタッと塗ろうとしないで、荒い線描を。などなど。...

  •  -
  •  -

マンションを…

マンションを描こうと思って。窓なしなら描けそうかな、と。甘かった…。...

  •  -
  •  -