Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

ARCHIVE PAGE

archive: 2013年11月  1/4

(1)キャンバス描きだし

油性地キャンバス-ファンデ地塗りなので、Aqyla三色。まずは構図とり。エスキースとは比率が違う。右の建物がでかすぎるようだ。...

  •  closed
  •  closed

山と空(WP45)

10月前半に半分描いたヤツの続き。同じ構図でSM油彩のイメージ練り直しとして。...

  •  closed
  •  closed

(4)油彩~黄、青

黄色はカドミウムイエローペール。高いだけあって発色いい。(^_^;抜群にいい!!混色用と薄塗り用、二本使い分けるべきかも。青はターコイズ。暗部。+白で、モノトーン。...

  •  closed
  •  closed

山と樹と空(wp46)

WP45と同様に、SM油彩の練り直し。水彩の方が色が自由に使えるな。...

  •  closed
  •  closed

(4)背景再考

油彩の前に、構図は整理しておく。油彩に入ると鉛筆使いづらいから。背景を全部畑ではなくて、川にしてみたらどうだろう?ちょうどこないだ川、描いたし。色数が多くて調和しづらいので、いつもの三色を上からかぶせる。...

  •  closed
  •  closed

(2)黄色を足す

アクリル。赤紫一色だったので、黄色を足す。...

  •  closed
  •  closed

(α+6)油彩で樹の描写

描写。アクリル系で描写した後、油彩で描写し直すのは二度手間。しかも油彩は描写しづらいなぁ。さらっとした水彩、色鉛筆と、ペンの線描、これを油彩に求めるのは違う気がする。この絵はさっさと終わらせて、次に移りたい。でも岩も女の子これじゃマズイ。もう少し。...

  •  closed
  •  closed

(2)構図の修正

修正。Aqyla白をナイフで塗ってみる。ジェッソが楽なんだけど。厚みも出ないし。構図が決まるまで油は控えようと思う。建物や遠景も少し描いておかないと、色が決まってきてから変更はイヤだから。色を決めてから描くという手もあるけれど、今回はこれで。...

  •  closed
  •  closed

(5)服の描写

描写ってほどはしてないけど、立体にするために服をモデリング。あれ?なんかうまくいかないね。...

  •  closed
  •  closed

(6)全体に黄色を

水彩なら描き方分かるのに、油彩だと途端に迷い出す。厚塗りを避け、塗ったら拭き、を繰り返す。...

  •  closed
  •  closed

(5)遠景の確認

遠景の樹や山を作る事に。鉛筆+ペンで確認・決定する。水彩と同じように空や樹を描いてみた。塗るじゃなくって、描く。地塗りは充分だから、描く。...

  •  closed
  •  closed

(6)細部線描(単色)

まだ決まっていなかったところを線描して確認する。油彩なのでインクははじいてダメ。まぁ当然か。なので油彩面相。色は青(プルシャン)、赤茶(Tレッドオーカー)、黄茶(Bシェナ)の混色でほとんど黒。油彩面相ってあんまりしたことなかった。ペンよりは淡いけど全然OK。全ての水彩と同様、線が描けるかどうかは濃度。...

  •  closed
  •  closed

蒼煌

No image

蒼煌 黒川博行普段、小説は全然読まないのですが、めちゃくちゃ面白かったです。推理小説系。フィクション。...

  •  closed
  •  closed

(7)空と地面の色を

全体の色を決める。まずは空から。...

  •  closed
  •  closed

(3)構図の決定

以前描いた水彩と、同じように描く。消失点を決めて建物の線を引く。地面の図法線も引いておく。あったほうが平面の意識が強くなるようだ。...

  •  closed
  •  closed