Archive

2012年05月 1/1

(4)中央を明るくしてみる

オレンジ入れて、中央を明るい青-緑系に。周りも明るくしようと思ったけれど、これは暗い方がいいみたい。でもここで終わりにする。久しぶりの油彩静物。いろいろと思い出してきた。...

  •  -
  •  -

ファン・アイク 聖ヒエロニムス

ちょっと前に描いていた模写の続き。水彩、ペン。鉛筆で下描きして、ペンで輪郭を入れる。ペンで塗りはしない。暗部などの塗りは水彩で。ちょうど面倒くさいとこだけ残ってるなぁ。...

  •  -
  •  -

夜、おまけの絵を描く。ハガキ大に鉛筆下描き。ボールペン。水筆で着彩。布団の中で。...

  •  -
  •  -

傘(2)

絵の具を塗り込めて、散らして完成。連日の雨、コメントつけて、いつもの方に送る。(よく晴れた日に、ありがとうメールが来た!)...

  •  -
  •  -

Alex Kedzierskiの壺(白黒)

Alex Kedzierskiの本、Artistic Secrets to Painting Tonal Valuesを参考に、着彩見本を作る。...

  •  -
  •  -

聖ヒエロニムス、ペン終了

本棚とライオンを入れて、ペンは終了。綺麗で丁寧だけど、これって下描きだよね?(^_^;この上から油彩で描くと、ペン素描は消えるよね?ちょっともったいないかなぁ。つか細かすぎ。二度やるとめげる気がする。...

  •  -
  •  -

町の風景

ペンと水彩。ワーグマン紙。ハガキ大。空は雲を白として残すのか、光を残すのか、少し混乱。でもたくさんあると邪魔みたい。...

  •  -
  •  -

Alex Kedzierskiの壺(白黒-2)

仕上げ画材の違いによる4つのバージョンを作ったが、並べると、全然区別がつかない。目的地が同じだからだけど、印象も同じ。見る方にとって画材の違いは、大したことじゃないんだな。...

  •  -
  •  -

アクリルテスト:青い壺(濃)

白黒壺の発展型として、青い壺を描く。まずは濃紺バージョンから。(1)鉛筆デッサン→輪郭ペン清書。(2)カラージェッソ(バーントシェナ+白)で地塗り(3)カラージェッソ(ネイビーブルー+白)壺塗り。ペンは少し盛り上がるようなので、不透明なジェッソを平塗りしても辛うじて線が見える。(4)白(チタン、ジンク)、茶(Bシェナ)、青(コバルト)で明暗分け。最初、赤や黄を使っていたが、グレートーンが増えるばかりで固有色が弱...

  •  -
  •  -

青空(水彩ver.アクリルver)

2枚ずつ描くのは描いてて自分で分かりやすい。1枚目・左が水彩、2枚目・右がアクリルver。画材を変えて。...

  •  -
  •  -

春の公募展を見る(4)

今日は母と上野へ。ボストン美術館展(国立博物館)ユベール・ロベール展(西洋美術館)「公募団体ベストセレクション 美術 2012」展(都美館)感想をざっと。...

  •  -
  •  -

花のスケッチ

久しぶりに花のスケッチ。...

  •  -
  •  -

今年もバラが咲いた

今年もバラが咲いた。彼女はバラが好きだから、この絵をあげよう。聴いてた音楽はLove Psychedelicoと斉藤和義。...

  •  -
  •  -

1956年2月25日のツグミ

義妹さんにあげようと思っていた花の絵が寂しいかなぁと、顔のある絵を追加する。元絵のように可愛くならないけど、ちょっと華やかに。つか、家族みんなで絵を描いて出すことにした。慰問絵手紙。かなり華やかに!(^▽^)...

  •  -
  •  -

家族が描いた絵手紙

中三子ども作。ハガキ大。アクリルで模様を作ったケント紙に、ボールペンで一発描き。細くて薄いペンと濃くて太いペンと、二刀流。後ろに図案化されたキャラ名が書いてある。面白いし、最近のは綺麗だなと思う。...

  •  -
  •  -