Archive

2011年04月 1/1

テンペラ2層目の悩み

テンペラ続き。(1)暗部に岩鼠(グレー・岩絵の具)(2)明部に白。花の明暗バランスが少しおかしいな…。光は左上から来てるはず。約1.5時間、のべ7時間。...

  •  -
  •  -

最初の油彩層(失敗・剥げる)

テンペラのノリが悪いので、油彩層を作ることにした。No.2メディウム(下層用)。約0.5時間。のべ7.5時間。...

  •  -
  •  -

風景スケッチ(竹ペンを貰う)

展示会で知り合った方に、竹ペン頂いた。あまり風景を描いたことがなかったのだが、その方に習って、絵手紙風に描いてみる。...

  •  -
  •  -

黄色いバラ (色鉛筆デッサン)

バラ展候補、サムホールサイズの第二弾は黄色いバラ。手順は前回と同じ。(1)エスキース(2)デッサン(3)転写→テンペラの予定。のべ3時間ぐらい。...

  •  -
  •  -

新鮮なテンペラメディウム

写真によって、銀箔の写りが全部違うなぁ。朝一でジャスコに出かけて新鮮な卵をゲット。絵の具を作り直して、油彩を全て覆い隠すように、地色色のテンペラを置く。...

  •  -
  •  -

風景スケッチ

三芳悌吉のスケッチ入門(カラーブックス・1977)とても古い本だけれど、とても楽しく読めた。図書館で借りた。欲しいな、この本。この本に刺激を受けて、わたしも外でスケッチなんかしてみたいな、と思った。...

  •  -
  •  -

影部ハッチング考

影部。油彩ハッチング。オイルはコーパル+テレピン。葉っぱに下地用テンペラを、少し厚めに置く。緑は押さえて、青-黒系で。2.5時間。計13.5時間。...

  •  -
  •  -

油層最終層、完成。

[拡大画像]葉っぱに油彩描写。線描。全体にNO.4メディウムをコーティング。サインで完成。1.5時間。のべ15.5時間。...

  •  -
  •  -

支持体作りとトレース作業

前回と同じく、実物大エスキースを色鉛筆で描き、輪郭線をトレペでなぞってトレース。下地はキャンバスペーパー・サムホールサイズ、ホルベインSジェッソ12層塗り後、やすりで磨いたもの。ケント紙のようだ。前回のインクラインは最後まで残ったので、今回も黒ではなく、モチーフの色に近い色で輪郭線をインク描きすることにする。計1.5時間、のべ4.5時間。...

  •  -
  •  -

油彩の下絵を色鉛筆で描く

ジェッソ地に、水溶性色鉛筆で描くことにした。うっすらと固有色。それから影色を多彩に加える。今、色鉛筆でやってることは、テンペラや油彩でもやりたかったことだと思う。教室やりながら1時間ぐらい。のべ5.5時間。...

  •  -
  •  -

色鉛筆下地の完成

色鉛筆続き。元絵と同じ塗り。そっくり。下地がジェッソなので強い。でもノリが良すぎて粉っぽい。9Hの鉛筆で影部を固める。フキサチーフもかけて固めて、また少しのせる。教室やりながら1時間ぐらい。のべ6.5時間。...

  •  -
  •  -

水溶性色鉛筆の上に、油層をのせると…

教室終了後に、意を決して油彩をのせる。新しい事を始めるときだけは、さすがに他の人がいると考えがまとまらない。油彩層。平筆での塗りを押さえ、面相で再描写するような感じで。オイルはクイックドライ。理由は以前オイル実験をしたとき、自家配合よりムラなく均一な膜ができたので。市販品はやっぱり安定感があるなぁ。2時間ぐらい。のべ8.5時間。...

  •  -
  •  -

国立美術館で

知り合いが出品しているので見に行く。今年の春陽会は良かったな。知り合いはいつもと同じテーマで120号。今まで目立たなかったのに、今年は認められて賞を貰ったと喜んでいた。おめでとう!!とても良かったと私も思う!!...

  •  -
  •  -