Category

2013.09 ついていく 1/1

松林スケッチ(F4-3)

1時間弱。素直に一生懸命見て描く。虫除け系はほぼ完璧。服の上から刺してくるのが悔しいけど。手が空くかと思って、携帯用イーゼルを持って行くけど、重いし、立てて描くのに慣れてないからあんまり役に立たなかった。子ども用の画板でも探すか。ひも付きのヤツ。樹の色はいろいろあって面白かった。写真ではこれは拾えないだろう。ものすごく色が見える。木肌。ボコボコしているよりも、色が見える。青とか、赤とか、緑とか。綺...

  •  -
  •  -

松林スケッチ(F4-2)

水彩を持って描く。30分くらい?前回は15分くらいの間に20箇所近く蚊に刺されてボコボコにされたので、今朝は虫除けスプレーをズボンと上着の上からジャージャーとかけ、携帯用ベープ、ムヒを持っていく。完璧。でも立って描いていたので、スケッチブックと絵の具パレットどっちも持つので大変。荷物は降ろした瞬間から蟻だらけ。(^_^;光が綺麗だったな。...

  •  -
  •  -

松林スケッチ(c238)

『ついていく』の林は、一体何の樹だったっけ?とりあえず10年くらい前の子どもが遊んでる写真、場所は夏見公園。夏見公園は車で行かないとで、まぁそんなに珍しい景色でもないので、似た樹を探しに行く。自宅から歩いて10分くらいのところに、松林があって、そこの景色がそっくり。眺めても分からないので、とりあえず描いてみた。朝5時半頃。早起きして。道はウォーキング&ジョギング組でにぎわっている。通勤組も少しいる。...

  •  -
  •  -

水彩スケッチ(B4)

色をつけて描いてみる。水彩。WaterFord。エスキースなので完成は考えてない。新鮮な気持ちで面白かった。...

  •  -
  •  -

ついていく(B2-3)

貝の手順に自信を持って、こちらもやっと描けそうな気がしてきた。適当にまとまって終わりにした時は特に、次に手を入れるのが余計な事という気がしちゃって、いや、描いた方がいいんだよって、思うけどさ。考えがまとまらないと、手が動かないから。次は足元をしっかりさせよう。遠くの人物も。樹は…描けるかな?ちょっと公園で樹を見に行ってからにしよう。...

  •  -
  •  -

ついていく(B2-2)

色を塗ってみた。テーブル置きで油彩。油彩でもこんなに水彩風になるんだな。下地が水彩なので、溶けずに線が残り都合がいい。...

  •  -
  •  -

テーブル置き(B1)

B1くらいの大きさになると、キャンバス立てた方が全体はよく見えるが、手元は粗い。テーブル置きだと、上の方はもう手が届かないし、縦伸びする恐れあり。それで格子作戦をやってみたが、他にもいろいろと利点があった。何より水彩描きだしの場合、流れず色置きできるのはありがたい。...

  •  -
  •  -

格子作戦とは(c212-213)

いろんな作戦があるけれど、今自分で有効なのは、比率のあった小さい作品に二分割→二分割と、計縦4本横4本、16等分割の線を入れ、そのまま拡大してアタリをとること。実践。B2サイズ(約20号弱)→B1サイズ(約50号弱)に拡大する。B2サイズの格子は、絵の上から線を引けばいいんだろうけど、なんとなく絵に線を入れるのがイヤだったので、今回は糸を張ってみた。...

  •  -
  •  -

倍々ゲーム感想(c204,209)

参考までにFサイズは、B4(F4)~ B1(F40)ぐらい。Bの方が縦長。比率は1.4。SM、L判、ハガキも同じ。Fサイズは1.2~1.3。F8、F10が1.1。B2サイズまでテーブル置き可。それ以上はさすがに無理。でも、イーゼル置きは最近全然やっていないので、感覚が狂うね。B2以上は格子作戦も使おう。...

  •  -
  •  -

倍々ゲーム(c203-208)

SMサイズからスタートしてB4 → B3 → B2 → B1倍のサイズでエスキースを作っていく。...

  •  -
  •  -

墨絵のように(c202-203)

久々にワトソン紙。クラシックの方。SMサイズ。水彩黒一色で、墨絵のようにラフスケッチ。...

  •  -
  •  -