Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 2011.12 空と樹(模写)  1/1

完成。軽やかさ。

[完成・拡大画像]今一度空を油層で塗り直して完成。軽やかさが出ている。繊細さがいい方向にみえる。...

  •  -
  •  -

透明水彩の上に油彩を重ねる

水彩が綺麗なので油彩層をのせる気にならなかったけれど、思い切って。油彩は色がしっかりしていて鮮やか。その後乾いてから鉛筆で樹を描き、ペンで。好きな丸ペンは細すぎるけど、あると締まる。F4ぐらいなら細さは気にならない。フキサをかけずに油層を重ねたので、樹の周りが少し汚れる。注意。引き続き、テンペラ茶で樹を描写。油彩が濡れてるうちに描く方が易い。...

  •  -
  •  -

完成

鉛筆で樹を描く。参考図あまりにもいい加減なので、自分で撮った写真を参考にシルエットを拾ってみる。フキサをかけて油彩描写。オイルはコーパル。数回に分けて濃くする。割とラフに拾ったのだが、さらっと写真的リアルになってビビル。空はNo.4メディウム。柔らかく布で叩いてぼかす。...

  •  -
  •  -

テンペラで白くつぶす、またつぶす

10月22日 油層(色彩)+テンペラ白11月05日 テンペラ白で一度潰す。やっぱり軽くはならないね。この手順は手間と待ちが多すぎるみたい。バラは板地に石膏地+ジェッソ、水彩スタート。この軽やかさがまた見たい。...

  •  -
  •  -

何度もオイルを薄く重ねる。完成。

乾燥は何日もかかる。1週間に1回ぐらい塗って、何層も重ねる。一応オイル分を徐々に増やし、ダンマル分も。ヤスリで削り落として描き直し等々。雰囲気が硬く、固まっている。軽やかではないな。オイルは計画通りだけど、結果、質感がプラ板みたい。...

  •  -
  •  -

描き直し・オイルを変える

紙ヤスリでチリ・ゴミを取る。Quick(合成樹脂入り速乾性オイル)の艶は嫌だ。半日で乾く、便利なヤツだったけど、スピードを諦めよう。No.5メディウムを使う。ダンマル(天然樹脂)入り。自家製。艶が柔らかくタッチが出ない。テンペラとの相性が良い。...

  •  -
  •  -

オイルが厚いのか。テンペラ白でつぶす。

油彩層を刷毛で均一に塗ってもあんまり綺麗じゃないね。軽くもないし。固まってる感じ。堅牢さが、空間を邪魔する感じ。森は油彩で描いたけど黒すぎるきらい。油彩は明暗で言うと黒系だし。もう画面全部テンペラ白で一旦つぶす。...

  •  -
  •  -

透明水彩→油彩の計画

支持体はキャンバスペーパーF4、水張り、ジェッソ×4。水彩で全体塗り。ジェッソなのでかなりはじくが、乾かして2回目からは多少のる。水彩の一番いいところは、あらかじめパレットに色がたくさん出ているところじゃないかな。アクリル・油彩はイチイチチューブからひねり出して混色する必要ありだし。序盤の色合わせ吟味する時は水彩に気持ちが乗る。...

  •  -
  •  -

描きだし

支持体はキャンバスペーパーF4、水張り、ジェッソ×4。(1)油彩・色 (→ムラあり)(2)テンペラ・白(3)油彩・色・厚塗り(→ムラあり)(4)油彩・白...

  •  -
  •  -

水彩の軽やかさを油彩で出したい

生徒さんの水彩練習図版を、油彩にしてみる。水彩のような軽やかな風景を、油彩で描けないものかと。油彩の堅牢さはそのままに。支持体はキャンバスペーパーF4、水張り、ジェッソ×4。溶剤はテレピン→Quick→テンペラ白。意図しないムラができる。下地があまい?テンペラのせい?...

  •  -
  •  -