Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 2011.05 黄色いバラ  1/1

完成

[拡大画像] 完成。最後の微妙なタッチは、鉛筆&色鉛筆で加筆。形が締まったと思う。16時間ぐらい。...

  •  -
  •  -

細密ってなんだろう?

テンペラ白で、花全体を線描した。自分側の満足感はあるけれど、遠目には見えない。量感も出ない…。しばらくして、その上にまた油彩白系で塗り込める。輪郭線をハッキリ引き、一枚一枚の花びらを独立させる。彫刻的な量感と、平面的な色彩と、どちらに自分の気持ちが傾いているのか。自分のやりたいことは何なのか。最近のブランクで忘れていたテーマを、少しずつ思い出そうとしている。...

  •  -
  •  -

汚し中…

黄色が美しいカーウォスキーに対して、自分のは汚し中。いや、いいんです。これから白で復活するのです。あくまで予定では。いろいろと不調です。制作時間は忘れました。...

  •  -
  •  -

水溶性色鉛筆の上に、油層をのせると…

教室終了後に、意を決して油彩をのせる。新しい事を始めるときだけは、さすがに他の人がいると考えがまとまらない。油彩層。平筆での塗りを押さえ、面相で再描写するような感じで。オイルはクイックドライ。理由は以前オイル実験をしたとき、自家配合よりムラなく均一な膜ができたので。市販品はやっぱり安定感があるなぁ。2時間ぐらい。のべ8.5時間。...

  •  -
  •  -

色鉛筆下地の完成

色鉛筆続き。元絵と同じ塗り。そっくり。下地がジェッソなので強い。でもノリが良すぎて粉っぽい。9Hの鉛筆で影部を固める。フキサチーフもかけて固めて、また少しのせる。教室やりながら1時間ぐらい。のべ6.5時間。...

  •  -
  •  -

油彩の下絵を色鉛筆で描く

ジェッソ地に、水溶性色鉛筆で描くことにした。うっすらと固有色。それから影色を多彩に加える。今、色鉛筆でやってることは、テンペラや油彩でもやりたかったことだと思う。教室やりながら1時間ぐらい。のべ5.5時間。...

  •  -
  •  -

支持体作りとトレース作業

前回と同じく、実物大エスキースを色鉛筆で描き、輪郭線をトレペでなぞってトレース。下地はキャンバスペーパー・サムホールサイズ、ホルベインSジェッソ12層塗り後、やすりで磨いたもの。ケント紙のようだ。前回のインクラインは最後まで残ったので、今回も黒ではなく、モチーフの色に近い色で輪郭線をインク描きすることにする。計1.5時間、のべ4.5時間。...

  •  -
  •  -

黄色いバラ (色鉛筆デッサン)

バラ展候補、サムホールサイズの第二弾は黄色いバラ。手順は前回と同じ。(1)エスキース(2)デッサン(3)転写→テンペラの予定。のべ3時間ぐらい。...

  •  -
  •  -