家(F4)着彩(5)

青を排して、黄色と赤メイン。白は塗るんじゃなくて、超薄塗りのくせして更にヤスリで削ってみる。赤と黄を足していくと、現実感なさすぎる。でもちょっとだけでも青系を足したら、やっぱりグレートーンになるわな。ここは我慢我慢。うぅ…(;´Д`)そうだ、左右のの扉と窓、種類が違うんだけど、なんででだっけ?左がメイン玄関みたいだ。階段あるし。右の扉は勝手口?納屋扉?扉前に木があるのは変だな。左はタイル、右は漆喰壁。い...

家(F4)着彩(4)

先に空の色をまとめようと思って、とりあえず黄色。黄色一色だと発展しないので、プラスピンク紫。家にもついでに塗ったけど、この『とりあえず塗り』はそろそろやめる段階。厚みが出るけど、描写が入らずペンが消えるのは割に合わない。次は、『とりあえず描写』パート。(^◇^)白は厚塗りしたり、とったり。とった方が清涼感は出る。...

家(F4)着彩(3)

油彩。黄色系を足す。オーレオリンとインディアン。影部分に、青系緑系。重なると鈍くなるので、赤+青+黄になるところは、影部分限定。これは気を付けにゃ。でもそうはうまくいかないので、さっさと白で補筆。テンペラじゃなくて、普通に油彩。この面相筆でちょっとずつ塗るの、結構楽しい。こう、昔のケルトの本とかの挿絵を、油彩で描いてるみたいで。青系足して、意外にフルカラーになると、つまらないとも言える。単色という...

家(F4)着彩(2)

水彩の上に、油彩。セピア一色。超薄塗り。面相筆。タッチが残る速乾性パンドル。なんかいいじゃん?こんな事もできるんだな。アクリルより濃度があって艶っぽくて色も好き。水彩よりもしっかりした塗りの感じ、そして絵の具は何より臭い。(・´з`・)頭痛を避けるため、1日1時間くらいにしておこう。焦って描きすぎて訂正するのも嫌だから、ちょびーっとずつ加筆予定。...

家(F4)着彩(1)

ヘタレなので、最初は水彩で。ジェッソ地だから、ある程度は乗る。タッチがくっ付いちゃうのが惜しい。...

家(F4)

ペン部門終了。ここからアクリルか、油彩か、テンペラか。一番楽で効果的な画材を使いたいんだけど。ペン消えないように、ちょっとずつ描く予定。ファン・アイクは密なペン(銀筆)の上に油彩で描いてたみたんなんだけど、めっちゃ細かく描いてる割に、背景は勢いよく塗り始めてる気がする。おいおい、後ろのの建物消えちゃうじゃんそれ!いいの?(580年後の余計な心配)細部までくっきり、超拡大画像。聖バルバラ1437年作、作品...

家の続き

テンペラ。久しぶりに冷蔵庫覗いてみたら、卵テンペラ溶液が悪くなっていたのに、卵切らしてる。慌てて卵買ってきた。今日は卵の特売日だった♪♪今、水彩を軽いノリでバリバリやってるせいか、もう一日一枚以上は必ずやるって決めて、内容はイラスト・挿絵マンガなんだけど、半年以上毎日やると、さすがに慣れるじゃん?って感じで、テンペラに帰ってからも、同じ水彩系のせいか、描写がスイスイ行くのね。これはもうけもの♪♪前みた...

空を

家をテープでマスキングして、わーっと油彩で色を散らして、それから油彩白、その後ラップで叩いたり、ローラーでならしてみたり、なんか幼児がいたら楽しい手法、アタシも楽しい。...

家の続き

テンペラ。なんかスゲー自然に絵の具を混ぜて、重ねて描いて、楽だった。色が抜群に好き。あれ、自分は形派だと思ってたけど、意外に色派じゃね?絵の具を毎回作る。足りなくてすぐ作る。いそいそと楽しそうに作ってる。...

以前描いた、世界の家からのフランス田舎家屋を、キャンバスにトレースしてペン画線描。紙はずっと迷っていたけど、キャンバスの目をジェッソで潰して、4層くらい、若干黄色がかったグレー地、そこにペン。水彩顔負けのすっげー薄塗り油彩をする予定。...