Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 18世紀パリのイメージ  1/2

マリー・アントワネット、ペンver

WaterFordホワイト、細目190g。鉛筆とペンのノリは良し!むしろ薄い方が描きやすくさえある。あとは水彩でどうなるか、かな。インクの色なんだけど、どうも茶は使いづらいみたい。慣れてないだけかもしれないけど、気分が乗らない。ハーフトーンなんか気にしてないで、ここは黒か!白か!でバシっと!!!(≧▽≦)...

  •  -
  •  -

マリー&ハンス

喫茶店で時間つぶしに。着色はボールペン。それしかなかったからwww。えっと、とりあえず描いてみたいから描いてるだけなんだけど、贋作似顔絵を描きたいわけじゃないみたいで、そっくりに描こうとすると、満足と同時に物凄く寂寥感があるのね。こうそっくりに…が、表面的なものであり、自分のモノじゃない、自分のモノじゃないそっくりな事に対する評価、への空しさなのかな。なので、顔、似てなくてもいいから省略してマンガ...

  •  -
  •  -

アントワネットちゃん&おニューの紙のテスト

有名人にトライしてみようと思って。ハプスブルク家の特徴がよく出た顔らしい。面長。おちょぼ口。ちょっと受け口。特別美人ってわけじゃないけど、宮廷で一番の王妃様だから、自信ありげで気品もある。コケティッシュ。思慮深い人ではない。飽きっぽい。感情が表に出やすく、貴族だけど冷たい感じじゃなくて、でも高慢で、人間っぽい魅力にあふれた人。(´・ω・`) …条件多すぎて、なんか物凄くムツカシイよ。紙はおNEW。WaterFoed...

  •  -
  •  -

パレ・ロワ庭園で

暴動前の扇動場面。1789年7月12日。当時の版画を参考にラフ。...

  •  -
  •  -

18世紀のダンサー(完)

衣装が面倒だけど、だんだん楽しくなってくる。;ここに刺繍をばーっと入れちゃおううとか、ドレスの配色とか。白はジェッソ使ってたけど、今回は時々ガッシュを足してりしてる。ターナーのガッシュ白が、なんか修正液のように不透明なので、最近それを愛用。スキャンの色が大いに不満だけど、補正の仕方が分からない。もっと黄緑っぽい背景なんだよ?...

  •  -
  •  -

18世紀のダンサー

古いエッチングを見ながら描いてみる。手は意外に分かりづらいので、鏡見てポーズとってみる。ふふふっ。( *´艸`)...

  •  -
  •  -

『パリの夜』

18世紀の小説挿絵に色付けてみた。元絵は割と即物的で、ただ女の子の服を引っ張ってる男で、まぁ小説の文脈(読んでないけど)では、流しの娼婦を買う男って感じでニヤニヤ下卑た笑いするとこなのかもしれないけど、自分で描く時は、なんで服引っ張ってるんだろうとか考えちゃった。実はシャイなんじゃないの、このシト。女の子が行っちゃうから、「(行かないで~~…)」って言えばいいのに、声が出ない、そんで思わず服掴んじゃ...

  •  -
  •  -

ワトー(2) 絵の中の演劇

歴史画や風俗画、お話が元になる絵は、そのままではよく分からない。しかし、話が分かった途端、スゴク面白い世界が広がってる気がする…。ちょうど、映画のポスターだけ見ていいな、って思ってたのが、本編みちゃった後では、感想がめちゃくちゃ深くなるように。ロココは軽い遊びの恋愛の絵が多いんだけど、ナンパな内容だなぁっつーか、そう思ってたけどそういう見方じゃなくて映画や舞台だと思って見てみると、そうだな、やっぱ...

  •  -
  •  -

ロココ人、ワトー(1)

世の中では絵を描くのでさえ、デジタルかアナログかで論争があるのに、わたしは相変わらず、特別な時には手書きでメモをとる。ロココ時代の美術は全然分からなかったんだけど、いろいろ調べてたらちょっと面白くなってきた。なので、メモを。ワトーより、ワトーを語る中山公男センセが面白いのかもしれない。震えるほど名文。...

  •  -
  •  -

パリの9時。

こういうテーマは好きみたい。なんでかな。美術館内で描いたメモ。考えてみる。18世紀に街の記録・資料として存在価値があった版画が、19世紀にはジャーナリスティックな写真に役目をとられてしまう。過渡期の19世紀版画は、ずばり写真をそのまま写してる。写真がまだ、大量印刷できなかったからなんだけど、印刷が容易になってくると、手間もかかるし高度な技術が必要な、そっくり版画は意味がなくなる。手描きの絵としては意味を...

  •  -
  •  -

ギャラリートーク・スケッチ

練馬区美術館での鹿島茂先生の講演会。美術品としてではなく、当時を知る資料としての絵の役目。熱心に聞く人たち。...

  •  -
  •  -

19世紀のドレス

練馬区美術館の「19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―」を見る。そこにあったドレス。メモとりながら無地ノートに描くんだけど、字メモより絵メモの方が多かったりして、いつものこと。...

  •  -
  •  -

19世紀のパリの本屋さん

ぴゃぴゃぴゃーっと描いてみる。小さい版画の、更にまた小さく細かに描いてある本屋さんピックアップ。...

  •  -
  •  -

パレ・ロワスケッチ

丁寧に描くと時間かかるんで、雰囲気だけテキトーに。...

  •  -
  •  -

アーチのイメージ

拡大...

  •  -
  •  -