Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 演劇的なスケッチ  1/9

夜の森

水彩。W&N。ペン。アクリルアンダー。ラストの白はミスノンwww。ハガキ大。1時間半くらい。ふふふ( *´艸`)結構楽しかった。...

  •  -
  •  -

ムッシーニ油絵の具で描いたとこ、やっぱまだ乾いてないわ。3日目だものなぁ。冬だし。3日目…。ブツブツ。あーーーーーーーーーーーーーーー。もう待つのに飽きてます。(;´Д`)鼻筋が広すぎるので描き直したいんだけど、絵の具でするんじゃなくて鉛筆かペンでしたいからとりあえず早く乾いてほしい。やっぱQuickは1日でサラッと乾いて便利だなぁ。ブツブツ。アクリルしかり。色はあれなんだけど。もうボツかな?ボツにしちゃお...

  •  -
  •  -

ハグ

...

  •  -
  •  -

ハグ

『ハグ』『hug』『抱きしめる』『別れの抱擁』『握手』で画像検索してたら、あまりにも多彩。哀しみ、喜び、愛おしさ、慈しみ、苦しみ、熱狂、絶望、全てhugで表現できる。感動した!選び難くもう片っ端から描いてみっか的な絨毯爆撃作戦を実行したいです。...

  •  -
  •  -

泣く子を慰めたい

...

  •  -
  •  -

労い、握手

時々色気が出るけど、このマンガスタイルが一番動きを描く&数をたくさん描くことが可能なのであり、水彩画や油彩画にしたら、とても100枚連作とか描けそうにない。そういう時に捨てるモノは、絵の質であって、一枚絵として鑑賞には耐えない、それでも枚数を描くという方向でやってるのであって、これを一枚絵として見せようとしたら、枚数はあがらないということだ。長広舌な言い訳。でも、そういう事だからね。(*´Д`)時々忘れち...

  •  -
  •  -

貴族様の服

これ、モデルはコスプレの人。21世紀人。21世紀人は18世紀人と違って線が細い。やっぱ18世紀人(日本だと江戸時代)は偉い人でもなんだかんだと歩いて移動、よくて馬、馬も内股筋使うからね、腰回りががっちりしてると感じる。アゴも。...

  •  -
  •  -

軍服の人を描く練習

条件は18-19世紀、スウェーデン。つかベルナドッド。黒い服が多いからおそらく堅実派。...

  •  -
  •  -

夜明け

...

  •  -
  •  -

ランタンが二つ

...

  •  -
  •  -

ランタンを持つ

暗闇から、ランタンを持つ人影が一つ。ちなみに18世紀は電気でもガスじゃなくてキャンドルランタン。『キャンドルランタン』でGoogle画像検索すると、ガラスのランタンが出てきて綺麗だけど、『18世紀 キャンドルランタン』で検索すると、ブリキみたいな入れ物に、一面だけガラスなランタン画像を閲覧できる。透明度がなくてかなり暗い。だからこんな風には四方八方には輝かないんだけど、物語の流れの絵だし、視覚効果が派手な方...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷、ver2、仕上げ版、紙の印象

WaterFord紙、190g、ホワイト、細目、水張り。紙の印象をメモる。えっと、原画はもっと色が淡い。淡いのはいいんだけど、W&N紙と比べて、色が沈むのがWaterFordの特徴。それは細目でもホワイトでも変わらなかった。沈むからこそ、色を何回も塗り重ねられるという言い方もあるけれど、なんか慣れてる紙の方が調整しやすいな。(;´Д`)W&Nは重ね塗りすると剥けるから、アクリル下地にしても3回くらいで水彩決めなくちゃなら...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷、ver2

他の人に薦められてメゾン=ラフィット城やカルナヴァレ博物館を参照することに。インターネッツで探して見たら、画像いっぱい!!いろんな光、角度があるので分かりやすい!表玄関だけじゃなくて、裏面とか!写真集見るよりいいじゃん?写真って遠近感がペッタンコになるから、意外に距離感が掴みづらいんだよね。上から横から斜めから、細部アップ、上空からなど、いろいろあったから嬉しい。そんであまりの庭の広さにびっくり!...

  •  -
  •  -

夜のお屋敷

世界の古城という古い写真集(東西ドイツが分かれてるwww)を参考にしながら、貴族の家と庭、噴水、しかも夜…ってのを描きたい。ラフ描かないと本番用紙を目の前にしても、一筆も進まないので、まずはコピー用紙にラクガキ。フランスの屋敷だからフランスっぽさが欲しいんだけど、イギリス・ドイツ・イタリアは建築や城、一緒に見えて全然違うんだなぁ。特にドイツの城は、どいつもこいつも山ん中。写真集にあった、ドロットニ...

  •  -
  •  -

馬に乗って歩く

これは写真見ながら描いた。望遠レンズ的。クールで対象が遠い感じ…。こっちはテキトーにサラサラっと描いたヤツ。クールじゃないけど、欲しいポーズはこんな感じ。鞍の下に布がある。それは鞍で擦れて、馬の背を傷つけないように配慮している。手の確認。手綱を引っ張ると前へ進め!の合図…だったっけかな??夏に乗馬をした。もちろん乗馬の絵を描く為にwww。でも一回だけなんでもう忘れた。机に紐をかけて、それを引っ張って...

  •  -
  •  -