Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 眠る人(未完)  1/1

眠る人(10) 失敗だね

ははは、だ~めじゃこりゃ。開きすぎな背景に、道を入れたり樹を入れたりしてみようかと思ったけど、なんか、終わった……。(;´Д`)...

  •  -
  •  -

眠る人(9) 構図と形が気に食わない

最初から思ってはいたけど、絵が進むとどんどん欠点も顕わに。なんかイライラしてきたので、描き直すことに。...

  •  -
  •  -

眠る人(8) 油彩透層

白線の上に、油彩透層。これも線描。油彩線は乾かないから、一回だけ。乾いたらまた考える。線描してるとシアワセ。油彩でも、水彩や色鉛筆の時と変わらない。色はバツグン綺麗で、不思議な線だ。無目的にやってるけど、やっとこっちに行きたいな!ってのが出てきた感じ。...

  •  -
  •  -

眠る人(7) ~雨降り

全体を白ハッチング。白色浮きだし。雨降り技法とも言うらしい。...

  •  -
  •  -

眠る人(6) ペン

たまに思い出して描き足す。1時間ぐらい。顔はやっぱり描くことに。シャープな線じゃないと気分が出ないみたいので、油彩の上からペンで。...

  •  -
  •  -

眠る人(5) 油彩 

油彩パート突入。色は油彩が抜群に強くて綺麗だしね。水彩スケッチを参考に色置き。そのために、水彩と同じくらいの色数、持ってるチューブ全色…ではないけれど、小パレット×2にひねり出して置く。水彩でもやっとぼかしてあるところは、そのままもやっ。後でどうするか決めよう。...

  •  -
  •  -

眠る人(4) 鉛筆、Aqyla

まずは顔が気に入らないと。…ということで、鉛筆で描く。修正はアキーラ白。決定はアキーラ暗色。体型とか相変わらずおかしいのね。突っ込んだらイカンよ。わ・ざ・と、こうしてるんです!!ホントです!!(*'▽')足は迷ったけど、組まない。眠いから。形は頬杖肘と、膝上手の前後関係と空間が出れば良い、くらい。大きな空気のボールを抱えるような。...

  •  -
  •  -

鉛筆スケッチ

油彩・人物顔、顔はっきり描くと、つまんない絵になりそうだ。ぼかした雰囲気だけの顔を成功させたかったら、一度きっちり描いてみるといいんじゃないかな。なので別紙で。こちらは紙テスト。110kg。鉛筆のノリは悪くないけど、水彩は塗れないね。...

  •  -
  •  -

眠る人(3) Aqyla

水彩綺麗だから水彩でずっと描いてもいいんだけど、まぁ、キャンバスだしね、塗り重ねが皆目できないので、アタリが決まったらAqylaに切り替え。白は水で薄めずに、白絵具を混ぜてのせる。顔が入るとイメージ崩れるな。顔は別紙で描いて、もうちょっと慣れよう。...

  •  -
  •  -

眠る人(2) 格子転写作戦

 自分で描いた小品ラフ絵が本当に気に入っている時、いくらそれを参考にしても、何か越えられないものがある。越えなければ、二枚目描く意味がない。でも、元絵、なんというかな、何が魅力になってるのか分からないけど、ちょっとした身体のひねりとか、画面の入り方が、もうね、偶然うまく行ったのね。それは本当に偶然なのです。それを再び作為的に追っかけても、どうしても追いつけない。なので、作為的偶然ではなくて、計画的...

  •  -
  •  -

眠る人(1) 水彩描きだし

F8キャンバス、ジェッソ地。最初の有色地(レッドオーカー+白)に白を塗り重ね、できるだけ白っぽい地に。以前は有色地がいいと思ったんだけどね。ジェッソ地なので、水彩は一応描ける。しかもシュミンケは強い発色。変更は水ですいすい~~っと消す。元絵は、以前ハガキ大で描いた『眠る人』。こういうの、本当に偶然できるんだけど、気に入ってて、額に入れてテーブルに飾ってる。...

  •  -
  •  -

眠る人、エスキース

上がF6、2枚目、シリウス紙。下がF8、1枚目、アルデバラン。アルデバランは染みのように、一発目から絵具が定着する。やっかいでもあり、面白い特徴。...

  •  -
  •  -