Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 2016.05 本を読む人  1/1

本を読む 油彩ver(F6-08) 完成

人物の色の微調整。背景の配色に気を使って、完成。...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6-07)

オイルオンリー。Aqylaは後半に使ってはダメな気がする。色の発色もだけど、なんか不用意に剥げる箇所あり。メディウム使った箇所はいいと思うけど、油彩でいけるなら油彩で。...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6-05)

油彩・色彩を塗る。いっつも忘れてるけど、しばらくするとくしゃみと頭イテ―。困ったもんだ。もう油彩は諦めようか、と何十回目の逡巡。マスクがあれば割と大丈夫だって、最近気づいたけどね。頭の一部がはげて困った。Aqylaはハジキ止めメディウム併用しないと弱いのかな?油彩ってどっしりしていいけど、なかなか完成まで至らないなぁ。困ったもんだ。作業量に眩暈。頭イテ―。もう油彩は諦めようか、と何十回目の逡巡。できあが...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6-04)

Aqyla白で真っ白に。白で描く。なんか懐かしい。テンペラ?もうテンペラは使わないと思うけど。白で描く。いいな。...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6-03)

思ったより面白いな。白い箇所は白く。スカートの赤味をバンバンいれたりできる。油彩でうまくいかないのは、油彩の色が強すぎて、特に暗色系が黒くなりすぎて、鉛筆と同じノリで塗っちゃうと、始末に負えなくなってるみたい。代わりに白をバンバンのせてる。楽しいけど、油彩の刺激臭には参る。物凄く頭が痛いよ。2時間ぐらいで部屋から飛び出す。...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6-02)

面白い事に、水彩の人物の形、長すぎる胴体とか、不安定な腰とか、を直そうとしたら、普通すぎてかっこ悪かった。迷ったけど、水彩の妙なバランスを再現する方向でやってみたい。トレペにアウトラインを写して、中心にライン。それを縦方向に折って4分割。もう少し細かくしたいので、後で8分割に。横方向はやらない。比率が違うから。あと、構図が厳し過ぎちゃうだろうから、それなら比率測って拡大コピーした方がマシ。でもコピ...

  •  -
  •  -

本を読む 油彩ver(F6)

油彩か水彩か。悩むのもアホくさいが、油彩か水彩か。相変わらず悩んでいる。水彩で気に入ったヤツを、油彩にしてみようと思う。手始めに、水彩SM → 油彩F6に。構図、色彩、水彩と同じようにしてみようと思う。過去の自分の模写、って感じだね。...

  •  -
  •  -

本を…(F8-03)

やればやるほどアレな気がする。...

  •  -
  •  -

本を…(F8-02)

...

  •  -
  •  -

本を読む…

F8、WaterFord紙に水彩、水溶性クレヨン。描きだし線の乱暴さは割と好き。粗彫りのように。でも、形はあってないので訂正できるのか。この先どうなるかは未知で不安。...

  •  -
  •  -

本を読む人 (SM-02)

水彩オンリーに、鉛筆で簡単に線描。その上に水彩。表情はなるべく可愛く。イラスト的に甘い感じに。...

  •  -
  •  -

本を読む人

同テーマを鉛筆で描いてみる。楽しい。楽。多分、鉛筆プラス水彩でもスラスラ描ける。でも、油彩で人物は相変わらずうまくない。時間もかかる。(-_-#)経験の差という事にしよう。油彩って、水彩や鉛筆に比べて、圧倒的に枚数足りない。...

  •  -
  •  -

本を読む人 (SM-01)

鉛筆で描いてからと思ったけど、うまくいかずに汚れるだけ。構図、配置が決まらないと。筆だとその辺は楽。構図決まってから鉛筆でもいいんだよね。...

  •  -
  •  -

本を読む人

鉛筆なしで、ふわっと水彩。...

  •  -
  •  -