Category

2015.09 空と樹 (F30) 1/3

【F30】空の絵

これ、2年前の絵なんだけど、ずっと忘れてたから個展に出す。こういう大きさの絵って、なかなか倉庫(=魔窟化した階段下廊下)から引っぱり出して見る機会もないから、この制作日誌の写真が、その後の印象を決めるわけですよ。その写真が超ピンボケだったから、絵もピンボケなんだなって気がしてた。でも、改めて見て、額装して、写真撮り直してみると、いろいろ頑張って何かやろうとしていたんだなぁ、という感慨。今と繋がって...

  •  -
  •  -

【F30】空(19)

一応これで完成とする。なんだけど、ここで終わらずにちょっと連作してみようと思う。30号で小さいなんて思ったのは初めてだな。やっぱり風景って、大きさに憧れるな。色とか細密描写よりも、遠近感空間感。できないから憧れるのかも。...

  •  -
  •  -

【F30】空(18)

このままだと完成度があがらないので、雲の形を整える。…が、動きは出したいのでタッチは乱雑。画材が何であろうと、こう端から端までカッチリ塗りつぶそう、グラデ作ろう、とか、完成度あげなければ人前に出せないという気持ちが、なんかダメな気が。モコモコビッグな雲ができれば、ザラザラでいいや。...

  •  -
  •  -

【F30】空(17)

油彩。パンドル薄めて。樹が黒すぎるかな。Aqylaの上にタッチが効く。...

  •  -
  •  -

【F30】空(16)

Aqyla。雲の距離順位。手前の雲と樹とどちらが手前なのか。などなど。夏も終わって、秋の雲に。...

  •  -
  •  -

【F30】空(15)

やっと続きを描く気になる。ダメージ強すぎ。年々蓄積してもう焦る気持ちにもならない。それはさておき、この描き出しののびやかな筆使い、好きなんだよね。潰さないようになんて、できるかな。...

  •  -
  •  -

【F30】空(14)

30号続きの方は、中心にメインの雲が来るように位置調整。樹の位置、草原の位置の確認。画材はいろいろ試してる。今回はAQYLAガッシュ。テンペラの不透明さにより近い感じがする。...

  •  -
  •  -

空のための準備

10号がほぼ完で、他にも同テーマで描く事にしたので、30号、10号、もう一枚ずつ青で塗る。上が青、下に行くにつれて白を足す、グラデーション。カラージェッソ。それから潰した空と樹のためのエスキース。今、振り返ったら、潰したの2回目だな。最初のイメージが弱いんじゃないの。ちなみに元絵を見つけた。現場描きだと、空にこんなにも色を入れる事ができるんだなぁ。(;´Д`)...

  •  -
  •  -

30号のためのエスキース

やっぱり最初の空と樹、にしよう。雲の立体は少な目に。...

  •  -
  •  -

30号の為のエスキース。

30号の為のエスキース。考えられるパターンは二つ。動的な雲にするか、それとも静かな。樹をどこに入れるか。近いのか、遠いのか。...

  •  -
  •  -

【F30】空(13)

綺麗さっぱり。消してしまった。ちょっとヤバイかも。制作過程を見返したらそれなりに綺麗だったから、1枚目として完成させて、もう一枚描けば良かったと、消してから思った。まぁいっか。やっちまったし。...

  •  -
  •  -

30号のためのエスキース

やりたいことが分からなくなっちゃってるから、その日のスタートで小さいメモを色鉛筆で何枚も描いてみる事にする。...

  •  -
  •  -

【F30】空(12)

コレじゃない。なんかスピード感が欲しい。かっちりじゃなくて。色は綺麗な方がいいけど。とかなんとか。20時間かけた絵を潰す。...

  •  -
  •  -

【F30】空(11)

樹が大きすぎるので潰す。一本だけだと負担が大きいようなので、端っこに樹を増やす。雲の前後関係と、全体の奥行きを意識して、綺麗な色が惜しい気もするけど潰す。同じ距離は同じ色。最も白いところはひとつだけ。...

  •  -
  •  -

空のためのエスキース

...

  •  -
  •  -