Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 2015.06 イタリアルネッサンス・レリーフ  1/1

レリーフ(13)完成

前回制作時間25時間って思ったけど、ウソウソ、そんなにかかってるわけないじゃん。1回1時間くらいだよね。集中してるの。だからこれで15時間くらいだろう。そんなもんだろう。それで、もうこれはまとめて終わり。知りたい事は一段落したから。...

  •  -
  •  -

レリーフ(12)ボディのモデリング

しつこくレリーフ。No.12ということは、×2時間で、25時間ぐらいか…。(*´Д`)=3まぁ、そんなもんかな…。当初の予定より時間かかり過ぎだな。暇人だな、わたし。楽しいけど。もっと集中してできればいいんだけれど。いろいろ生活と仕事のやり方に改善余地だな。...

  •  -
  •  -

レリーフ(11)細部

細かい部分を、穂先の揃うナイロン筆2本と、黒系(透明)、白系(速乾剤入り)で。思ったより細い線、描けるな。...

  •  -
  •  -

レリーフ(10)額の色、明部

ちょっと実験したかっただけなのに、滅茶苦茶時間かかってるな。短期決戦にすれば良かった。次回はそうしよう。額部分の色(明暗さ)がやっと決まって、後は仕上げ。 顔が毎回全部印象違うな。さほど触ってないのに。...

  •  -
  •  -

レリーフ(9)背景色

油彩切り替え。背景色再考。...

  •  -
  •  -

レリーフ(8)描写

形を訂正できて、気分もすっきり。頑張れば進む。根気はないけど、面白ければ進む。今日、50号は手につかなかった。...

  •  -
  •  -

レリーフ(7)チェンジ

枠をつけ、中を青に。石像的。AQYLA。シャープ。乾く。鉛筆OK。...

  •  -
  •  -

レリーフ(6)透明色、不透明色

油彩投入。油彩でグラッシ透明描写、暗色系。DUOで白系。テンペラでやらせていたところ。これを交互に入れる。それがしっくりくる。テンペラの代わりは、AQYLAよりDUOがイメージ。油彩で全部やればいい気もするけど、透明不透明を大きく差を出すには、画材が違う方がやりやすい。長年染み着いたこの描き方で。エッジを効かしてから潰す。...

  •  -
  •  -

レリーフ(4-5)白を別扱いに

写真撮るの忘れたけど、前日(4)の作業は白を除いた線描。粗い木炭デッサンみたいだ。そう、このモチーフって、石膏デッサンみたいだよね。それから白を足す。完璧な混色で明暗を図るのではなくて、黒の上に足す。このやり方の方が、自分は冴える。バックは真っ黒案もあったけど、同系色で。このまま明暗だけを考えた石膏風に。...

  •  -
  •  -

レリーフ(3)迷い

使う色は3色、イエローオーカー、クリムゾン、青 +白。でも、この段階で白が入るとなんかやりづらいな。やたらともったりしているし、明暗似すぎ。...

  •  -
  •  -

レリーフ(2) レリーフか、丸彫りか

最初の模写にレリーフを選んだのは、固有色がないから。形だけ。分かりやすいと思った。でも、元が大理石レリーフなので、陰影が独特。ちょっとこれは実物ないと無理。さっさと無視して想像で描く。丸彫り。色は三原色+白。美人。美人はいいね。(^◇^)...

  •  -
  •  -

F8、油彩模写

ボッティチェリとルネサンス展(文化村)が非常に面白かった。理由はいろいろあると思うけれど、この時代の板絵油彩・テンペラ・フレスコ画が、好きなんだな私。それで、画集を買って、実物大模写を10枚くらい描こうと思う。ボッティチェッリの天使は美しいけど、実は2m越えてるので後回し。F8ぐらいの手ごろなところから。これは大理石のレリーフ。少女。実物大に拡大し、白黒コピーして、トレース。その後は特に見ないで勝手に...

  •  -
  •  -