Welcome to my blog

【制作日誌】絵のある生活

CATEGORY PAGE

category: 2015.06 油彩静物スケッチ  1/1

【A2】窓際の白いもの3つ

油彩描きだし。アクリル系と違って、おおらかな線と形。支持体はワーグマン紙にジェッソ×4。テレピンで消しながらシルエットとり。なんか描きやすい。この薄塗り効く感じが、水彩っぽい油彩、あるいは併用技法の自分向きなのかも。...

  •  -
  •  -

ポッドと葉っぱ

油彩。DUOではなくて。2時間くらい。それくらいで一段落できれば、気持ちが楽だな。油彩スケッチ。またやろう、やりたい!という気持ちになる。完成度を求めるものと、スケッチと、分けていきたい。...

  •  -
  •  -

花のスケッチ(os12)

花と壺以外、徹底して薄塗り。水彩のように。背景の白は、花の後ろは厚塗り、葉っぱと壺の後ろは拭い取る。その方が線もシャープに出る。何回でも描き直せる。壺が小さすぎた。まぁいいか。2時間ぐらい。...

  •  0
  •  0

林檎 (os7)

抜ける空間が好きなので強調してみた。...

  •  0
  •  0

壺のスケッチ(os6)

油彩が下手なのは経験不足という結論。水彩小品100枚やったら、なんとなく水彩が楽になってきたので、油彩スケッチも100枚やってみようと、キャンバスボードを大量注文してみた。1年くらいかかりそうだけど。1枚2.5h。できるだけ次の日に持ち越さない。これがルール。グラッシ、仕上げ・細密線描は諦める。全体感と土台を早く、という感じ。失敗上等。...

  •  -
  •  -

ランプ (os5)

ランプを描いてみる。形が左右対称、入り組んでて難しい。途中から背景を描いて、ちょっと気持ちが落ち着いた。背景との調和を目指しているのに、モチーフを描かないと持たないのは辛い。このモチーフの複雑さでは、2時間半でこの程度しかできなかった。乾いてから、続きを描きたい感じ。そのうち。...

  •  -
  •  -

ポットと松ぼっくり (os4)

時間は2時間以上かかってるけど、出来栄えは大して変わらない。どうしたいのかな??でも、ここでめげてはいけない。出来栄えよりも、やること。目指せ100枚!...

  •  -
  •  -

林檎と椀 (os3)

キャンバスボードがなかったので、地塗り済の紙(ケント+Gesso×3)に。つるっとして描きづらいかった。やっぱり油彩オンリーの場合、キャンバスの布目って必要なんだな。...

  •  -
  •  -

カブの油彩スケッチ (os2)

F4キャンバスボード、2時間。カブは1時間ぐらいで葉っぱがしなっとする。...

  •  -
  •  -

かぼちゃのある静物(os1)

F4キャンバスボードに油彩。2時間半。手順通りにやったら、油彩の乾き具合がとても上手くいった。油彩、短時間でも十分描けるね。...

  •  -
  •  -