【制作日誌】絵のある生活

日々の素描、制作過程、画材メモなど

服を着る

2018-0412p01.jpg

たまにはうまく行く水彩オンリー♪
だぼだぼシャツが誰かのっぽい。

今まで『明暗』って呼んでたものを、
『白と黒』って言い換えたら、いろいろしっくりくるぞ。

絵の中で形を表そうと、光と影の明暗ばっかり気にしてると何故かうまく行かない。
四角い画面の中で、白い分量黒い分量って考えると、もうちょっとうまく行く。

若いリーマンさん

2018-0411time1246.jpg

テンペラパートと割り切って塗り絵。
明るい箇所を塗り、少し暗い箇所を、暗い箇所と三つに分けて塗る。
ペッタンコ塗りだけど気にしない。こういう過程なのだ。

2018-0411time1704a.jpg

背景に青(油彩)を入れた。

エレオノーラちゃん(7)

2018-0410time1657_2.jpg

テンペラで描いた線の上からペンも入れる。
黒(正確には黒と茶系を混ぜた)が入るときびきびするな。

テンペラは色差(白黒差)があまりつかないので、
もっと白く、もっと色彩差を出す場合は、白いところをもう一度塗る感じ。

水彩みたいに水で濃淡を調整するのはよくない。
ちょっと美人になってきて良かった。

若いリーマン

2018-0410time1315_2.jpg

こちらは全卵テンペラ・混合技法用。
こちらには油が入ってる。卵黄オンリーより少し表面強度が硬い。
ペンは意外と入れられるけど、調子に乗るとテンペラ層が削れちゃう。

でもそのセーブ加減がちょうどよいかもだ。

白い帽子の女の子

2018-0410time1315.jpg

例の卵黄テンペラに鉛筆で簡単に、
それからペンで輪郭線を描いてみた。

ふむ。

エレオノーラ、水彩

2018-0405time1656_2.jpg





色テスト兼ねた水彩。
両方淡すぎてカメラでもスキャンでも色が全く再現できない。( ゚Д゚)


まぁいいや。収穫はあり。
新しく色買ったので、非常に楽しかった。たぶん、これらが今の持ち色。

赤系:オペラ(W&N)
黄色系:ゴールドオーカー(W&N) NEW!
青紫系:ラベンダー(ホルベイン) NEW!
紫系:コバルトバイオレットライト(W&N)


このゴールドオーカーとオペラの混色でできるオレンジっぽい茶系が
非常に好みだ。
スキャンでもカメラでも色出ないけど。ちょっと問題だわね。

全卵テンペラでのスケッチ

2018-0404k02ka.jpg

F3モンバルキャンソンスケッチブックにスケッチ。1時間半くらい。
裏抜けなし。

2018-0331time1456.jpg

顔料はたまたま持ってたこいつが、色が繊細で超お気に入り。
日本画用。他の顔料も揃えようと思ってたけど、あれっ、今確認したら吉祥じゃなかった。


ナカガワ 岩鼠 天然 13番極細 766 Amazon



テンペラ溶剤を大量に作る方法

2018-0403time1243.jpg

いやぁ、他の人のBLOGを見たらさ、
ペットボトルに大量に作って、防腐剤を入れたら半年持ちますって!!!

スゲー!!!
目から鱗!!これならべったべたになったガラス瓶を必死になって洗わなくてもいいし、
攪拌もスプーンでムキになって掻きまわさずに、
シェイクすればいいだけだ。使い捨てオッケ。

天才じゃね??( ゚Д゚)

・・・ということで、早速作ってみた。

ペットボトルゲットの為に、わざわざ水を買ったりする。
空のペットボトルだけ売ってくれへん?


2018-0403k01.jpg

そんで、こっちは卵黄オンリーテンペラ。
地塗りしないスケッチブックにそのまま描いてみた。1時間くらい。

鉛筆すらいらん。
水彩に似てるけど、乾いたら溶けない。
アクリルにも似てるけど、乾くまでが時間がかかるし、色が柔らかい。

いいわ~~~。+..。゚+.(*´∀`).。o○

窓辺で

2018-0404time1014_3.jpg

実家に帰った次の早朝、
マンションの6階から見下ろして。

2018-0404time1014.jpg

WEBにアップする為に良い絵を描こうとか色気を出さずに、
ひたすら記録することに徹してみる。

エレオノーラ、テンペラ描写

2018-0331time1543_201804041311175e0.jpg

鉛筆で描くみたいに、部分から描いちゃる。

紙のテスト

2018-0331time1544.jpg


テンペラをやるとなると、支持体はキャンバスより板なんだけど、
以前よくやったように紙に描いてみることにする。

紙に油彩は裏に油が染み出しちゃうので、
ジェッソで目止めをする。

鉛筆とペンは紙が一番描きやすい。
ジェッソは粉拭くし。
なので、前々から思っていたんだけど、
鉛筆とペンと描いてから、目止めをしてみるテスト。

クリアージェッソも買ってみたけど、目が随分粗い。
ので、白ジェッソ(細)で。

一度塗り。
油彩をテレピンで薄めてなすりつけて裏を見る。
ジェッソの塗りムラの穴に油彩が抜けてる。他は大丈夫って事だね。
分かりやすい。

ペンの黒の上に白ジェッソが被って、
ちょうど鉛筆くらいの濃さになってるのも面白い。

テンペラ

2018-0328time1429.jpg

2018-0328time1625.jpg

テンペラを再びやることにした。
真面目に復活。

過去絵を見てたら、なんか自分が描いてて楽しい!!っていうのは、
色じゃなくて線、だとつくづく思う。
それでも白黒なら鉛筆かペンなんだけど、
カラーで線を描くとなると、
色鉛筆かアクリル…、テンペラになる。

色鉛筆もアクリルも最近始めた画材で、
結局はテンペラの代用品的だった。
便利だから・・・とかね。

ということで、テンペラを復活させてみる。

そんで、実験台はエレオノーラwww。

2018-0328time0833.jpg

油彩でぼんやりした絵が…。



2018-0328time1638.jpg

テンペラでぼんやりした絵に。
とりあえず、テラテラしたツヤは消えた。




Eleonora...

2018-0328k.jpg

エレオノーラ、現代ver

2018-0327time1721.jpg


2018-0327time1742.jpg


2018-0327time1827.jpg


鉛筆と油彩でのラフ。F0キャンバス。1時間くらい。

髪型がよく分からないし、画面も硬くなるから、ひっつめ髪はキライ。
現在風なざんばら髪にしてみたら、この娘、結構好みかも。

情熱的な黒髪イタリア人、って感じで。(*^_^*)

ラフをいっぱいとると、本番でどうにか失敗しない。
本番で全部やろうとすると、本番で破綻する。